header1000125-14

中川産業のワンランク上の消防設備点検は京都で

 


中川産業が考える消防設備点検の最終的な目標は、万一の火災のときにお客様が落ち着いて初期消火、119番通報ができることです。
どんなに良い消防設備があってもそれを使いこなせなければ意味がありません。
そのような意味を込めて、お客様にワンランク上を目指していただく為の
消防設備点検をご提案いたします。

  消防設備の点検の種類と報告の期間

     
  機器点検 総合点検
期間 6か月ごと 1年ごと
特徴 外観点検及び
簡単な作動点検等
一部又は全部の作動点検等
消防署への報告義務 無 し 1 年
(ホテル、飲食店、病院等不特定多数の人が出入り する建物)
または
3年
(マンション、工場、駐車場等特定の人が出入りする建物)

 ※ 消防設備の点検は建物の用途や大きさに関わらず、半年に1回の点検が必要です。

 

 

 

消防設備はその重要性から、半年に1回の点検が義務付けられています。
しかし、経費の削減等の事情から消防署へ報告する時だけ業者に点検依頼されるお客様が多くなっています。もし、あなたが急に車に乗ることになった時のことを想像してみてください。
3年間乗っていなくて、点検もしていない車に安心して乗れますか?おそらく答えは「いいえ」だと思います。
消防設備も同じように、半年ごとの点検をして始めて安心して使えます。
そこで消防設備点検無料見積もりにお申し込みいただいたお客様に経費のかからないご提案をいたします。

特典「消防設備機器点検マニュアル」無料進呈!

今なら消防設備点検無料見積もりにお申し込みいただいたお客様に
「消防設備機器点検マニュアル」を無料進呈いたします。(後日見積書と共に郵送いたします。)

消防設備の点検をできる人

消防法に定められた消防設備の点検実施者

延べ床面積1000㎡以上の
特定防火対象物及び
指定されている非特定防火対象物
消防設備士または消防設備点検資格者
上記以外の建物 防火管理者などでも点検できる
消防設備士または消防設備点検資格者が行うのが望ましい。

 

上の表のように、延床面積が1,000㎡未満の建物は有資格者でなくても点検できます。

(延床面積1,000㎡以上の建物のお客様はご相談ください。)

機器点検をお客様に実施していただくと・・・

 

チェック   消防設備の使い方に詳しくなる。
チェック   万一のときに消防設備が安心して使える。
チェック   機器点検の費用が無料
チェック   ある程度消防法に沿った点検が出来る。

お客様には以上のようなメリットがあります。

 

中川産業のお客様の声ワンランク上の中川産業の点検の流れ消防点検お見積

総合点検は消防設備のプロ中川産業におまかせください

消防設備点検の特典

特典消防設備点検を申し込まれたお客様には消火器1本から当社の消火器設置サービスの価格でご提供いたします。ただし消防設備点検に伴う不良買い替え消火器にかぎります。

 
使うことがあってはならない消防設備ですが、
万一の火災の時にその能力を最大限発揮 できなければなりません。
中川産業は
消防法に沿った妥協のない点検をいたします。
消防設備点検写真
消防設備の使い方を納得がいくまでご説明いたします
いくら良い消防設備があっても使い方がわからなければ意味がありません。
お客様のご要望により、あまりなじみのない消防設備の使い方をお客様が納得いくまで 丁寧にご説明いたします。
また、マンションの各世帯に「消火器の使い方」
を配布いたします。
消防設備説明写真
点検から改修工事までトータルにご納得頂ける価格をご提案
中川産業は
常にお客様のコスト削減をご提案いたします。
もちろん安いからといって点検 の手は絶対に抜きません。 点検から改修工事に至るまでお客様の心強い 味方であることをお約束いたします。
改修工事までトータルにご提案の写真
 

お客様の声点検から報告までの流れ中川産業の無料点検お見積り